貴方が求めているスクールはどのタイプ?

 
 

 Recommended yoga training school

 
ヨガ資格取得 おすすめスクール  

ヨガスクールおすすめ2020

 
スクールによって様々な考え方が有ります。一般の人達には見分けは難しく迷いどころですよね。
そこを少しでもカバーするためのサイトです。
インストラクターを目指す上でヨガ資格は必ず必要と言う訳では有りませんが、
資格講座に入ってみると大体の方がヨガの難しさを感じる経験をします。
比較的費用の高い資格ですがやはり対価として知識を確実に得たいものです。
個々にピックアップしたスクールは歴史と実績を兼ね備えた名門と呼ばれるスクールです。
是非参考にして頂ければと思います。

実践重視

まず仕事とか副業などを考えられているあなた、これは、人の身体を知る必要があるのでより機能解剖学や運動学を重視しているスクールを選ぶべきです。

哲学重視

古典のヨガのルーツや歴史・哲学に興味があるのであれば、やはりその部分にフォーカスし時間を割いているスクールを選ぶのが一番です。

期間重視

インストラクターになりたいが、なかなか時間が取れず少しずつ時間を調整して学んでいきたい方に。

CONCEPT

「ヨガインストラクターの未来づくり」
そんな想いの貢献サイトです

基本スクールを選ぶ際、何点かのポイントが有ります。
 
①スクールの方向性
解剖学に重きを置いた実践主義・ヨガ哲学に重きを置いた源流主義
プログラムを積み上げる事を中心としたバランス主義
 
②指導者の資質
優秀なヨガインストラクターでも養成の講師となると話は変わります。運転が上手な人が必ずしも教習所の先生になれるかどうかは別問題と言えば解りやすいと思います。養成の講師でも複数の人が教える場合はイメージや表現等により混乱を生じさせる事が有る訳ですね。これは、現役の多くのインストラクターが経験している事だと思います。だから養成講座で習っている筈の教育を再度個別のワークショップで補完する事になってしまうのです。資金や時間に於いても効率的とは言えないですね。
 
③料金
日本では430,000円~480,000円
海外だと約400,000円前後と様々です。早割り等のキャンペーン等も有るので一概には言えません。各スクールのページで確認してください。

 
 
ピックアップしたスクールはそれぞれ
特性を生かした名門ヨガスクールです
 

メレリエ スクール オブ ヨガ 東京
https://mereliye.jp/tt.html 

最大の特長は少人数制の先駆け的存在だから短期も開催出来るところが強み。
解剖学・運動学重視の実践主義
 
養成指導専属のエキスパート担任制。
大型のスタジオで定員4名~6名と広々と学べる条件で徹底した個別指導が魅力。
 
卒業後のアフターセミナーも安値で受けられるのも有難い。


費用:392,000円
 
期間:短期コース3週間、長期コース6ヶ月
 
取得可能資格:RYT200、RYT500


アンダーザライト
https://underthelight.jp/guidance

ヨガアライアンスの認定インストラクターの輩出数では群を抜いている。
それぞれのエキスパートが所属。
バランス主義
 
ヨガスクール界では、老舗的存在。有名講師多数。
 
単位制で通えると言う事も有り時間が合わせられるのは魅力。


費用:639,000円
 
期間:8ヶ月、期間調整可
 
取得可能資格:RYT200、RYT500


ヨギ―インスティテュート
https://yoggy-institute.com/yic200ryt/設定

コンシェルジュによるサポートと取得後のフォローアップが有り
 
フリーになってもレベルアップ。
 
長期的に安心して通える事が魅力。ニューヨーク留学コースなら1ヶ月の短期も有り


費用:473,550円
 
期間:1年間、
   短期1ヶ月(ニューヨーク留学:430,500円(税抜)航空券、宿泊費、食事、移動費別)
 
取得可能資格:RYT200


バイロンベイヨガセンター
https://www.byronyoga.com/japanese-level-1/

オーストラリアで14日間で短期取得
ヨガ哲学重視
1988年にスタートした古典系ヨガの流れをくむ
合宿でヨガの思想にどっぷりつかれる


費用:約360,000円(渡航費、移動費別)
 
期間:14日間 後日課題提出有
   
 取得可能資格:RYT200 、RYT500